肝臓をよくする食べ物

肝臓が悪いのはデメリットだらけ。

 

・お酒が飲めなくなってしまう
・疲れやすくなる
・朝起きづらい
・ニキビなどの肌トラブルが多発

 

このように他にも数えきれないほどのデメリットが有ります。
ここで、肝臓を良くする食材がまとめてあるので、
あなたの食生活にも少しでも早く取り入れてみて下さい。

 

肝臓を良くするのに必要なのはビタミン

 

肝臓が悪くなってしまうのは、
ビタミン不足が原因に挙げられます。

 

なのでビタミンを積極的に摂りましょう。

 

特にビタミンA、ビタミンE,ビタミンCが
肝臓に良いと言われています。

 

ビタミンAの食材

ビタミンAであれば、
レバー類、ギンダラ、ホタルイカ、アナゴ、
プロセスチーズ、カマンベールなどのチーズ類、
卵黄、ウズラの卵などがあげられます。

 

ビタミンEの食材

 

ビタミンEはナッツ類、オイル類に多く含まれます。
例えばアーモンド、クルミ、ヘーゼルナッツ。

 

オイルでは、ヒマワリ油、べにばな油などに含まれています。

 

ビタミンEは抗酸化作用といって、若返る源ともいわれる
ビタミンですので、積極的に摂りたいですね。
また魚類でもとることが出来ます。
あんこうの肝、からすみなどに多く含まれます。

 

ただし油分が多いので、取りすぎると
体重が増えてしまうことにもつながるので
注意が必要です。

 

ビタミンCの食材

 

ビタミンCは緑黄色野菜に多く含まれるのですが、
熱に弱いので、生でとることで、多く摂取することができます。

 

パプリカ、パセリ、キウイ、イチゴなど
アスパラ、かぼちゃなどにも多く含まれていますが、
生食は難しいので、最低限の湯通しをしてください。

 

火を入れすぎてしまうと、
ビタミンCは破壊されてしまいます。